ストッキングに関する4つの疑問を徹底解決!

記事公開日:2018年02月06日最終更新日:2017年05月29日 362 PV

毎日履くストッキングですが、女性にとっては「悩みの宝庫」ですよね。

当店に寄せられたストッキングにまつわるお悩みを徹底的に解決していきたいと思います!

[疑問1] ストッキングのベージュ色…。種類が多すぎて何を選べばいいのか迷います。

ストッキングのベージュ色…。種類が多すぎて何を選べばいいのか迷います

どのストッキングもベージュの種類が多くて、どの色が自分に合っているか分からない!と迷ったことがある方はきっと多いのではないかと思われます。

基本は、素足よりほんの少し濃い色を選ぶことが美脚に見えるポイントです。少し濃い色を選ぶことによって自然に引き締まった足に見せてくれます。

また、メーカーによってカラー名は異なりますが「ヌードベージュ」や「ヌーディーベージュ」は誰が履いても素足っぽく見えるようなカラーなので、もしどのカラーを買おうか迷ったら選んでみてください(*^▽^*)

店頭などで、サンプルがある場合はサンプルを肘まで通し、腕の内側で色味をチェックしてみてください♪実は、腕の内側は脚の色と一番近い場所なんです!微妙な違いも分かりやすいので是非お試しください!

[疑問2] サンダルやオープントゥでもOKなストッキングってある?

露出が増えるこれからの季節、「脚はきれいに見せたいけど…つま先はどうしよう…??」とお悩みの方!大丈夫です!素足に見えるストッキングたくさんありますよ!

たとえば「つま先スルータイプ」のストッキングなら、透明感のある生地なのでサンダルから見えるつま先も素足のように見せてくれます!通常のストッキングはつま先部分に補強がついておりますが、つま先スルータイプならつま先に切り替えがないのでストッキングを履いているように見えませんよ(^▽^)


オープントゥタイプ」ならつま先部分がないのでつま先を見せて涼しげに美しく見えます!

[疑問3] 履いていると股下が下がってきます。もしかしてサイズがあっていないのですか?

履いていると股下が下がってきます。もしかしてサイズがあっていないのですか?

股下が下がってきてしまう原因は、サイズがあっていないことにほとんどの原因があったりします。正しいサイズの選び方って意外と知られていないので、ぜひ覚えてくださいね。

基本は「身長」と「ヒップサイズ」を見て選ぶのが正解です!でも脚の長さやフィット感の好みによってはワンサイズ上の方がしっくりくる場合もあるので、どちらも試してみるといいかもしれません♪

股下が引っ張られたり、ウエストの食い込みがきらい!なんて人は股下の長いワンワイズ上を選びましょう!また、シルク、ナイロン、ポリウレタン、レーヨンなど滑らかな素材のショーツは上に穿いたストッキングが滑ってしまい、こちらもずり落ちの原因になってしまうのでご注意ください。

それでもずり落ちが気になる方は下記の対処方法もあるのでこちらもお試しください♪
・タイツの上からガードルを履く
・股にマチのついているタイプを選ぶ

「ズリ落ちしない!ストッキングの機能と選び方」もご参照下さい。

当店では小さめのサイズからゆったりサイズも多数取り揃えているので、ぜひチェックしてみてください♪

[疑問4] ストッキングをムラなくはける正しい履き方はありますか?

正しいサイズを選んでいても、履き方次第で見え方が結構かわってしまうんです。着圧タイプのストッキングや黒ストッキングは、履き方を間違えると着圧効果がなくなってしまったり、ムラになりだらしなく見えてしまいます。それらを防ぐために正しい履き方をぜひ覚えてくださいね♪

1. ウエスト部分からつま先まで丁寧にたぐり寄せ、片足ずつ足先から履き入れます。その際、つま先→かかとの順にきっちり合わせて下さいね。


2. ストッキングの左右を交互に引っ張りながら、足首からひざへ、ひざから太ももへ両手の親指を内側に入れ、シワができない様にゆっくり引き上げていきます。


3. ストッキングの股下部分に隙間ができない様にフィットさせながら、ウエスト部分までゆっくり引っ張り上げます。


4. 最後に手のひらで下から上へ脚全体をならしていきます。仕上げのならしが綺麗にみえるポイントになるので丁寧にならしましょう♪


「なぜストッキングは伝線するの?伝線しやすい原因と伝線しにくいストッキングの選び方」もご参照下さい。

まとめ

今回は良く聞かれるストッキングの4つの疑問をわかりやすく説明させていただきました。このほかにもたくさん疑問があるのでまた記事で紹介できたらと思っています。当店でもっと詳しくストッキングについて掲載している特集ページもございますので、是非参考にしてください。

毎日履くストッキングだからこそ、より快適に、そしてより綺麗に履きこなしたいものです。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でsutetekonetをフォローしよう!

お客様の率直なご感想をお待ちしております。この記事の感想を送る
この記事を書いた人
すててこちゃんの
ページはこちら♪
第3回ぬりえコンテスト結果発表中!