サニタリーショーツは必要?生理中の不快感を減らしたい!

記事公開日:2018年09月18日最終更新日:2017年07月21日 1,452 PV

毎月必ずやって来る生理は女性にとってかなりのストレス。生理期間に個人差はあるものの、生理痛や腰痛、頭痛、むくみや貧血が起きたり、イライラや倦怠感という症状が出たりします。

そんなブルーデイと言われる生理の日は、生理期間に履く専用のショーツ「サニタリーショーツ」を使用していますか?快適な下着を選ぶことで、生理の日でも生理を気にせず楽しく過ごせるかもしれませんよ。

今回は、サニタリーショーツを使う派からの「便利なトコロ」と、使わない派の「あわない理由」を調査し、生理中に履くサニタリーショーツの必要性を考えてみました。

ここが便利!【使う派】の声

ここが便利!【使う派】の声

まずサニタリーショーツを「使う派」のみなさんの声を聞いてみましょう。生理中に履くためのサニタリーショーツはどういった部分が便利なのでしょうか。

・経血の量が多い人でも安心!
サニタリーショーツだと経血の量が多い方や夜でも、気になる漏れも気にせず過ごせそうですね。特に夜用は防水布が後ろに長く伸びている商品が多いので安心です。

・漏れが気にならない!
羽付きナプキンに対応しているアイテムがあるのでナプキンがしっかり固定でき、ズレ防止ネットでズレやモレをしっかりガードしてくれます。

・洗うのが簡単!
実際に使用している方が口をそろえて言うのが「お手入れが楽」とのこと!
股のクロッチ部分が防水布でできているので汚れが落ちやすく、お手入れがしやすいのも大きな魅力のひとつですよね。

生理中は普通のショーツではなく必ずサニタリーショーツを着用しなくてはならないということではないのですが、サニタリーショーツを利用するとナプキンをしっかり固定してくれるため経血がモレにくいのです。万が一経血がナプキンからモレてしまっても、外までモレにくいよう工夫されているので、衣服が汚れにくくなっていて安心ですね。

また、生理中は少しの事でもイライラしてしまうなど、不快感やストレスを感じやすいとっても敏感な時期です。症状に合った機能に重視して下着を選ぶことでストレスを軽減すれば、生理痛も軽減する事ができるかもしれませんね。

機能性だけでなく、デザイン性に優れた商品もたくさん発売されているので、お洋服を選ぶように、サニタリーショーツ選びも楽しくなること間違いなしです★

ここが合わない!【使わない派】の声

ここが合わない!【使わない派】の声

便利な機能を備えたサニタリーショーツですが、やはりデメリットも存在します。合わないな~と感じてしまう「使わない派」のみなさんの声を聞いてみましょう。

・化学繊維が入っているので肌に合わない。
サニタリーショーツはフィット感を重視しているので化学繊維メインのものが多く、お肌に合わない方も多いようです。

・蒸れてしまう。
モレにくいメリットの反面、防水布の部分は通気性が悪く、蒸れてしまうという意見も多いです。

かぶれやムレなど、お肌を気にした意見が目立ちますね。生理中はお肌も敏感になっている時期ですから、できるだけお肌に合ったものを身に着けたいですね。また、以前と比べると生理用ナプキもとても進化しているので、サニタリーショーツを使わなくても問題なく過ごせる人も多いようです。

しかし、サニタリーショーツを使わない場合、気を付けてほしいのが…「冷え」と「締めつけ」です。最近のショーツは、機能性よりデザイン性が高くなりお腹を保護していない下着が多く出回るようになっています。また、下着だけではなく、ズボンやスカートでもお腹を出すファッションが多くお腹が出て冷える事が多いのです。その冷えが生理痛を悪化させてしまっているかもしれません。女性にとって冷えは大敵です。生理時期を快適に過ごすためにも、お腹がすっぽり入りお腹周りが保護されているものを選ぶようにしましょう!

次に生理中に避けるべき下着は、ガードルや矯正下着などの腹部を締め付ける下着です。腹部を締め付けることで血行が悪くなり、生理痛が起こるともわれています。また、締め付けている事で生理痛の以外にもイライラや不快感が増したりもしますよね。服装によっては、ガードルや矯正下着を着用しないといけない場合もありますが、生理中には出来る限りガードルや矯正下着は避けたほうが良いですよ!

あなたは使う派?それとも使わない派?

あなたは使う派?それとも使わない派?

お肌に個人差があるように、生理にも個人差がありますよね。デリケートな部分なので自分のお肌とも相談してみてくださいね♪また、普段の生活でも、仕事でなかなかお手洗いにいけない時、スポーツをする時、お家でまったり過ごしている時など、その日によって「使う」「使わない」を分けてみてもいいかもしれません(*´ー`*)

「使う派」の方へおすすめのショーツ

いまやサニタリーショーツはいろいろな種類が販売されています!たとえば、普段使いに便利な「普通の日用」、多い日でもしっかり動ける「多い日用」や朝まで安心な「夜用タイプ」、スポーツをする時にも便利なタイプなんかも販売されているんですよ☆

特に多い日(夜)用のサニタリーショーツは、お腹をすっぽり包み込む深履きタイプなのはもちろん、超ロングナイトシートで寝返りしてもモレにくく、安心して朝までぐっすり眠れます。

サニタリーショーツは日々進化していて、最近では、股上浅めのものも多く、素肌感覚の極薄生地のもの、シームレスでアウターに響きにくものなど、生理であることを忘れさせてくれるような商品や、肌触りを重視して肌に触れる部分の素材も選べるようにもなってきました。

また、デザインも豊富で見た目では普通のショーツと変わらないものもたくさんあります。ご自分にあった機能やデザインを選ぶとブルーデイも楽しく過ごせそうですね(≧▽≦)

「使わない派」の方へおすすめのショーツ

サニタリーショーツは使わないという方でも、やっぱり生理時期はとってもストレスを感じちゃいますよね。お肌が敏感な時期でもあるのでお肌に優しいショーツがおすすめです♪

天然繊維の綿100%、シルク100%の素材のショーツや、肌の弱い方も安心な天然保湿成分スクワランを配合したショーツなどの特長で濃い目のカラーを選ぶと汚れても目立たないですし、少々の尿モレもカバーしてくれるケアショーツでしたら、生理前後の突然の出血にも安心ですね。

また、股上の深いタイプだと、お腹を包み込み冷えも軽減され、生理痛も軽減することができますよ。

まとめ

「サニタリーショーツは必要?生理中の不快感を減らしたい!」まとめ

サニタリーショーツについては、なかなかひとには聞きにくい事なので参考にして頂き、憂鬱な生理期間も出来る限りストレスなく過ごせたらいいですね♪

使っている人も使っていない人も、この機会に生理アイテムを見直して、いろいろ試してみることで、より自分に合ったブルーデイの過ごし方が分かるかもしれませんよ。

サニタリーショーツは、ブルーデイを快適に過ごすための工夫がたくさん施されているスペシャルアイテムです。きっと生理期間中の「女性の味方」になってくれますよ(*´∀`*)ノ。+゚ *。

これからはブルーデイも快適に過ごせますように…♡

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でsutetekonetをフォローしよう!

お客様の率直なご感想をお待ちしております。この記事の感想を送る
この記事を書いた人
すててこちゃんの
ページはこちら♪
第6回ぬりえコンテスト募集中!